奥松島 大高森

東北に山スキーへ行った帰りに仙台と松島に立ち寄った。
津波で機械が壊されたので駐車場には無料で停められる。
例年GWなら駐車場に入るだけでかなり待たねばならないが、すっと停められる。

駐車率は8割くらい。

松島は松島湾に点在する島々が天然の防波堤になってくれたおかげで、
見た目にはそれ程大きな被害はうかがえない。
それでも軒先まで浸かったらしい。土産物屋も半分はシャッタが降りている。

でも松は残っている。松の木は津波に倒されることもなく、

また海水に浸かりながらも枯れずにしっかり立っている。

Sany0265 Sany0274

人も負けてはいられないと思った。

遊覧船に乗る。海が静かな時は素晴らしい眺め。

Sany0267

名所五大堂も難を逃れたみたいである。

Sany0257

復興支援の一助になればと思い、いつもより多目に土産を買った。

次に松島湾を一望できるという大高森へ向かった。

東松島市に入った途端、風景が一変する。
津波の恐ろしさ、破壊力を目の当たりにする。
柱と屋根だけの消防署。

Sany0197

郵便局も。

Sany0199

山肌がえぐられている。

Sany0246

まだ鉄筋造りの公共施設は柱は残っているが、木造造りの民家はペシャンコになっている。

目の当たりにして津波の破壊力を実感した。

奥松島へ通じる道路はアスファルトが剥ぎ取られ、砂道になっている。

Sany0240

だが、松は残っている。アスファルトをも剥ぎ取ってしまう津波に必死で耐えた姿がうかがえる。

両側に海水が残っているところがある。今も水没している建物が見える。

Sany0239

脱輪なんかしたら大変である。慎重に運転する。時々自衛隊の車両が通るので、車を端に寄せて道を譲る。この時も脱輪させないよう注意する。
ナイフリッジの通過以上に気を使った。

大高森、標高100Mほどの小高い丘。山頂には三角点があるので、山には変わりない。

Sany0202

10分程で登れる。緑がきれい。

Sany0204

ここから見る松島湾は絶景。
Sany0211
山でも海でも自然がほほ笑んでくれたときは、素晴らしい。

改めて自然の素晴らしさと怖さを実感した。
俺も松に負けずに頑張ろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笹森山

乳頭温泉から手軽に登れる笹森山へ。

乳頭温泉からずっと雪は繋がっているので、ブナ林の中をシールで登って行ける。

Sany0144

見上げると太陽の周りを虹が。

Sany0146

ルンルンでブナ林の中を登って行ける。
最後かなりの急登を登って山頂到着。
昨日登った秋田駒、その向こうに田沢湖が見える。

Sany0154

樹林帯なので、吹っ飛ばすことはできないけど、ブナ林の中を快適に滑って行ける。楽しいツリーラン。\(^o^)/

Sany0162_2

ツリーランを楽しんでいると、間もなく乳頭温泉が見えてきた。

Sany0181

標高差600Mほどのお手軽山スキーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋田駒ケ岳

秋田に移動して秋田駒ケ岳で山スキーを楽しんだ。

田沢湖スキー場、もう雪は無いかと思っていたが、5分登ればゲレンデの端っこに残っていた。どうやら上まで繋がっていそう。(^u^)
Sany0124

ここからシール登行。1時間でゲレンデトップ。
ここから細い尾根を登って行く。ほぼ雪は繋がっているけど、たまに切れてハイ松が出ている。ゴメンよ~、と言いながらハイ松を踏んずけて通過。

登るにつれて田沢湖が綺麗に見えてくる。
Sany0081

途中切れている所があったりして慎重に通過する。

やせ尾根、う~ん下りはあんまり楽しくなさそう。。。

標高差800M程の登りで男岳山頂着。

Sany0091

ここから最高峰の男女岳を目指す。行っても雪なさそう、滑れないかも、と思ったけど、右側の斜面にはまだ雪が残っている。

Sany0104_2

100Mほど下って100Mほど登り返し、男女岳山頂到着。

Sany0093

さあ、滑降だ~。登ってきた斜面は広く、快適に滑れる。
男岳に登り返し、登ってきた尾根を滑る。
やせ尾根、やっぱり滑りはあんまり楽しくない。

多分3月くらいなら隣の沢を快適に滑れると思うけど、今はもう藪が出ていて楽しく滑れそうにない。また 沢を下って戻れなくなるかもしれないので、尾根を沢に滑落しないように慎重に滑る。

ゲレンデの戻ると吹っ飛ばして帰着。

下から見るとあの細い尾根を往復したんだと確認。

Sany0188

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蔵王

GWは東北へ。

大阪から一番徹夜で車を走らせて寝不足。そういう状態で手軽に登れる山、蔵王。ロープウェーで簡単に登れる。まだ上部はスキー場が営業している。

Sany0001

さすがに下部は雪が溶けている。

Sany0002

だが、山頂はまだまだ雪が豊富。
名物のお地蔵様も雪の上に鎮座されている。
Sany0005_2

シールを付けて登り出す。緩い登り。45分で熊野岳山頂着。
とりあえず山頂まで雪はつながっていた。帰りは何とか滑って降りられる。
蔵王名物のお釜が見える。まだ凍っているみたい。

Sany0014

さあ、スキーだ・・・でもあっと言う間にロープウェー山頂駅。

45分しか登っていないんだから、スキーならあっと言う間に下れる。
ここからはゲレンデをロープウェー山麓線の終着駅を目指して滑る。
でもコースを外れて樹林帯を滑っていたら、山麓線の終着駅にたどりつけなくなった。^^;

登り返すのもうざいので、融雪の進んだゲレンデを下る。
上部はまだまだ滑れる。誰もいないゲレンデを一気に下る。
最後10分程の歩きだけで駐車場まで戻れた。

さあ、温泉だ~。蔵王名物大露天風呂。大阪から徹夜で車を走らせてきた疲れが取れた。

Sany0029

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立山川

立山のアルペンルートが開通した。よし、立山川を滑ろう。

朝一のケーブルとバスで室堂へ。快晴、雪一杯。\(^o^)/

Sany0005
歩かんで標高2400Mまで来れるのは楽でいいな~。(^^ゞ
シールを付けて一の越へ。暑いよ~。アンダー一枚で十分。

大勢の人が一の越しを目指す。

008
さすがに一の越に着くと風が強く、アウターを着る。眺めは最高。(^-^)

遠くに槍ヶ岳も見える。

010

ここでアイゼンを付けて雄山へ。雪面は固いけど、カチコチではないので、アイゼンがよくきく。
でも息が切れる。久しぶりの3000M。空気が薄く感じられる。(^^ゞ
まあ、天気もいいので、のんびり登る。
013

寒くもないので、雄山の頂上でちょっとまったり。眺めは最高。(^-^)
準備して山崎カールへ飛び込む。斜面は固いけど、ずらしながら快適に滑って行ける。

Sany0045
斜度も緩くなってくると、雪もザラメになり快適。30分ほどで雷鳥沢。

ここで再度シールを付けて乗越へ。

大日岳の巨大な雪庇が見える。

64_large
さあ、立山川へドロップイン。出だしは急で、雪面は固いけど、まずまず快適に滑って行ける。

67_original

斜度が緩くなってくると快適なザラメ\(^o^)/
段々と雪が悪くなってきてスキーが滑らなくなってくるが、エッジを少し立ててカービング的に滑ってやる。楽し~。\(^o^)/

振り返ると滑ってきた雪一面に覆われた立山川と稜線が。感動!

71_original

所々横の斜面からの雪崩跡のデブリに苦労させられるが、まずまず快適に滑って行ける。

084
馬場島までスキーで滑って降りられた。

100

でもここからが一苦労。馬場島までタクシーが入って来れない。剣青少年研修センター止まり。
約5Kの歩きを強いられる。兼用靴を履いての舗装道歩きはきつい。。。
でも振り返ると剣の北方稜線と大窓の雪渓がよく見える。
車での移動だと気付かない景色が見れて良かった。

Sany0082

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野伏ヶ岳

大阪から早朝発で行ける奥美濃の山。ザラメ雪を期待する。

汗だくになりながら林道を登る。

2_original

小1時間程で牧場跡に到着。もう4月だというのに、まだ雪が一杯。今年は豪雪だ。(^u^)

4_original

牧場跡から尾根に取り付く。

段々と斜面は固くなってきた。
途中でクトーを装着。山頂は強風。
下は春でも上はまだ春にはちょっと遠い。

山頂からは白山の眺めが素晴らしい。

23_original

雪も緩んできたので、中央ルンゼを滑ることに。

斜度雪質ともまずまずであり、快適に滑っていける。楽し~。(^u^)

あっと言う間に牧場跡に帰着。振り返ると滑り下りたルンゼが見える。

Sany0063

念願だった中央ルンゼが滑れて満足だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三方崩山 山スキー

今シーズン最後のパウダー狙いで三方崩山へ。

道の駅に車を止めてすぐに取り付きにかかれるので、アクセスは楽である。

Sany0002

しばらく登ると傾斜が急になり、しかも脛、所々膝ラッセルを強いられる。

3月も半ばだというのに雪は結構深い。

P1010758 P1010760

3人で交代でラッセルするが、なかなか高度を上げられない。

当初は1956Mの小ピークまで登り、弓ヶ洞谷を滑る予定だったが、

時間切れで辿りつかず、1650Mでハイクアップを終えた。

目指す三方崩山のピークは遠かった。(^^ゞ

P1010761

ここから登ってきた尾根の隣の沢を滑る。3月にしてはまずまずのパウダーを味わえた。

Sany0018 Ws000001

下の方は沢割れして2か所渡渉を余儀なくされたところもあったが、

国道までまずまず山スキーを楽しみながら降りられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前山 山スキー

三田原山で山スキーを楽しんだ翌日は前山へ。

赤倉のスキー場でゴンドラとリフト1本に乗り、スキー場トップへ。

ここから登り始める。昨晩で積雪30CMくらい。今日もタップリパウダースキーが楽しめそうである。\(^o^)/

だがその前に試練のラッセル。斜度が急になってくると苦労する。

Sany0072

何とか頑張って前山山頂到着。今冬一番の寒波襲来と天気予報は言っているけど、

ここは比較的風も弱く、割合ゆっくり準備できる。でも気温は氷点下10℃を下回っている。極上パウダーが楽しめそう。\(^o^)/

滑り始めは急斜面。深雪の中、スピードに乗ってパウダースキーを堪能できる。

Ws000002

驚いたのはボーダーの一団。ビンディングが付いておらず、ボードの上に乗っかるだけでサーフィンのように滑って行く。しかもかなり上手なライディング。見事なもんだった。

こちらは相変わらず雄叫びをあげながらのスキー。でもつい雄叫びを上げてしまうくらいの

好コンディションだった。

Ws000003

楽しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三田原山 山スキー

1月の連休時はまだ積雪が足りず、藪が埋まりきっていなかったので、結構滑りにくかった。

今回は心配いらず。積雪量はタップリ。(^u^)

第3高速リフト終点より登り始める。

ラッセルも雪が軽いので野谷の時よりちょっと楽。

Dsc00231

さあ、無木立の大斜面。雪の浅いとこ、深いとこが交互にあらわれて少々滑りにくいとこもあったけど、雪は軽いしまずまず快適に滑っていける。
林間の中はパウダー天国。この浮遊感、まさに雲の中を漂っているみたい。

Dscn2597
ただ先週の野谷荘司山ほど斜度がそこそこある斜面が続かないので、ある程度滑ると、

斜度が緩くなってきて、下りラッセルを強いられる。なんとか頑張ってスキー場に戻れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野谷荘司山 山スキー

パウダーがめっちゃ楽しめるという野谷荘司山。念願かなってやっと行けた。

凄い積雪量。道路横の雪壁が雪の大谷みたい。これは凄くパウダーが楽しめそう。(^-^)

Sany0002

だが、その前に試練のラッセルが待っている。

腰は当たり前、所々肩ラッセルをを強いられる。
板のトップを出すのが大変。無理に板を持ち上げようとすると、太ももの前がつりそうになる。案の定、今日は筋肉痛。

5人で交代でラッセルするも時間だけが過ぎていく。

13時を目途に行けるとこまで頑張ることに。

1350Mくらいで終了。6時間ラッセル頑張って700Mしか登れてない。

これだけの深雪では仕方ないか。。。
さあ、お待ちかねの滑降。風がないので、割合のんびりと準備できる。

おまけに天気も回復して周りの山や地形もよく見えるようになった。

Sany0039

藪が全て隠れたノートラックの白い斜面。斜度もそこそこあるので、深雪でもスピードに乗って思いっきり滑って行ける。
雪崩の危険もそれほどなさそうだったので、隣の沢を滑ることに。無木立の純白の斜面。藪に邪魔されることもなく、ほぼイメージ通りに滑って行ける。
時々顔面にスノーシャワーを浴びる。素晴らしい~。\(^o^)/

1

ラッセルが厳しくてあまり登れなかったので、滑降はあっと言う間に終了。

でも斜度がそこそこある斜面が続くので、スピードに乗ったパウダースキーが十分楽しめた。噂通り、素晴らしいパウダー天国だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«奈良マラソン