« 八甲田山・山スキー | トップページ | 岩手山 バックカントリースキー »

火打・三田原山 バックカントリースキー

4/17(土)

火打山へ。

笹ヶ峰の京大ヒュッテから黒沢までトラバース気味に移動。
その後、黒沢を登って行った。例年より雪は豊富らしく、黒沢橋より少し上部以降は、雪で埋まっているので、沢の上を登って行ける。富士見平まではまずまず順調。トラバースして高谷池に到着。

Img_0752

しばらくするとガスが切れ、晴れてきた。
雲上の別世界。しばし周りの景色にみとれる。

Sany0016 

休憩後、火打山へ向かう。急斜面にかかるとペースが落ちる。
何度か立ち止まるながら、ようやく山頂着。

Img_0766 
滑り出そうとした時、ガスがかかってきた。おまけに雪はモナカ雪。うまくターンできない。(:_;)
少し下ったところでガスが切れるのを待つ。

晴れてきたので、鍋倉谷源頭への斜面を滑る。やはりモナカ雪。
先行パーティがきれいなシュプールを描いている。俺より上手い!
八甲田でツアーリーダの人に教えて貰った方法を試すが、なかなかうまくいかない。言われたことをすぐに出来るほど、スキーは甘くない。

やっぱもっとゲレンデで練習しないとダメだな~と実感。(^^ゞ

それでも各人思い思いのシュプールを描く。

Sany0042 

富士見平から下は雪が締まっているので、まずまず快適に滑れ、あっと言う間に林道まで戻れた。

4/18(日)

三田原山へ。

涸沢を登って三田原山へ。
しっかりした堅い雪面でシールがよく効き、まずまず快調に登って行けた。結構幅のある沢。ここを滑れるのかと思うと、嬉しくなる。

Sany0059 
標高1800Mくらいのとこで右岸に上がる。広々とした斜面に木がまばら。ここを滑れるのかと思うと、またまた嬉しくなる。

Sany0073 

斜度がほぼ一定であり、雪も締まっているので、直登して山頂へ。
三田原山の隣のピークだが、標高もほぼ同じなので、ここで登りは終了。
天気良し、景色最高、雪は・・・モナカ。
滑り始めは無木立の大斜面。八方のリーゼンに勝るとも劣らない。
でもうまくターンできない。食べるモナカは好きだけど、雪のモナカは嫌いや~。(^^ゞ

来シーズンの課題やな~。

少し下ると雪が締まってきて最高のゲレンデ状態。思わず、いつもの雄叫びが出る。^^;

Sany0094

涸沢の中も雪は締まっていて至福のスキーが楽しめた。

Ws000001

|

« 八甲田山・山スキー | トップページ | 岩手山 バックカントリースキー »

山スキー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火打・三田原山 バックカントリースキー:

« 八甲田山・山スキー | トップページ | 岩手山 バックカントリースキー »