« 火打・三田原山 バックカントリースキー | トップページ | 八幡平 バックカントリースキー »

岩手山 バックカントリースキー

GWは東北へ遠征。1発目は岩手山へ。

そびえたつ独立峰。雄大な山である。

Sany0096

明け方3時頃、登山口の焼走に到着。2時間程仮眠を取って6時に出発。

登山口は雪なし。スキーを背負って歩きだす。
Sany0034

途中で単独のおじさんが抜いて行く。聞けば地元の人で何回も来ているとのこと。

これは心強い人が現れた。

標高900Mくらいで雪面がでてきたので、シール登行に切りかえる。
標高1200Mくらいでようやく樹林帯を抜けた。見上げると凄い大斜面が待ち受けている。

Sany0036

先ほどの抜いて行ったおじさんが、双眼鏡で山頂を見上げている。上は相当風がきつそうとのこと。斜面が凍っている個所がありそうなので、おじさんはここでアイゼンを装着。

僕はクトーを付けて登ることに。手を伸ばせば山頂が届きそうなのに、なかなか着かない。

Sany0038

登るにつれて風がどんどんきつくなる。斜度も増してきたので、スキーを担いでアイゼン登行に切りかえる。
先行のおじさんが踏跡をつけてくれているので、助かる。
ただ凄い風。スキーを背負っていると風にあおられてマジで飛ばされそうになる。

1900M(山頂まで残り標高差150Mほど)まで登るとほとんど雪が飛ばされ、岩が露出している。とてもここから上はスキーはできない。どうせ滑れないなら、ここにスキーをデポし、空身で頂上へ行くことに。上からおじさんが降りてきて、外輪山はもっと風が強い、ほんまに気を付けて行きや、と言ってくれる。おおきに。

外輪山、まさに烈風。空身で来て正解。あまりに風が強いので、火口側に5Mほど降りたら、ましになったので火口側をつたいながら頂上へ。
写真だけ取ってすぐ退散。

Sany0043

スキーをデポしたとこまで戻り、滑降開始。初めは風で雪面がアイスバーンになっている。慎重に滑る。
200Mほど下ると雪も柔らかくなり、結構いい雪質。昨日は下は雨だったらしいが、上は雪だったみたい。10~20センチは積もっている。ちょっとのパウダーで快適に滑りが楽しめた。
振り返えって自分のシュプールを眺める。自分だけのシュプール。
これぞ、山スキーの醍醐味。

もう少しきれいなシュプールだと言うことないんだけでな。。。(^^ゞ

Sany0058  Sany0079

標高1400Mくらいまで降りると雪は悪くなってきて、悪雪モナカ雪。当然てこずる。

上はアイスバーン、真中はパウダースノー、下は悪雪モナカ雪。
はるばる大阪から来た人間にいろんな雪を用意して歓待してくれてありがとう。>岩手山(^-^)

下山後は登山口にある温泉に浸かり、明日登る予定の八幡平へ向かった。


 

|

« 火打・三田原山 バックカントリースキー | トップページ | 八幡平 バックカントリースキー »

山スキー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩手山 バックカントリースキー:

« 火打・三田原山 バックカントリースキー | トップページ | 八幡平 バックカントリースキー »