« 岩手山 バックカントリースキー | トップページ | 岩木山 バックカントリースキー »

八幡平 バックカントリースキー

2日目は八幡平へ。

見上げると、ホント平らな山である。

Sany0106

八幡平アスピテラインは夜間通行止めなので、 8時半のゲートオープンと同時に出発。

茶臼山登山口には15分ほどで到着。車5台くらい置けるスペースがある。準備して9時、出発。

Sany0163



茶臼山までは標高差200Mほどだが、急斜面。ちょっと喘ぎながら登る。

Sany0110

40分ほどで山頂着。

Sany0112

茶臼山から黒谷地湿原までは緩い下り。シールをつけたまま下る。
黒谷地湿原からは緩い登り。見ごたえのある湿原なんだろうけど、今は一面雪原である。
Sany0117

源太森という名の小ピークを過ぎ、八幡平のピークへ。登ってんのか下ってんのか分からなくなる程のだだぴろい平原(今は雪原)である。
Sany0132 Sany0133

茶臼山登山口から2時間ほどで八幡平山頂着。山名板はまだ雪に埋もれている。
Sany0138

ここでシールははずして滑降開始。でも平原。手でこがないと前へ進まない。

う~んネイチャースキー、歩くスキーだな~。

Sany0143 Sany0145

しばらく下るとようやく斜度が増してきた。ターンする程の斜度ではないので、立ったまま周りの景色を見ながら滑って行ける。
Sany0152

ようやくターンしなければならない斜面になったので、何 ターンしているうちにふけの湯温泉に到着。本当は後生掛温泉まで下るつもりだったが、雪はあちこち切れてるみたいなので、ここで滑降終了とした。
う~ん、実際にターンして滑ったのは最後の標高差100Mほど。
ちょっと滑り足りない気がするけど、まあ雪原のネイチャースキーは楽しめた。

ふけの湯温泉で滑降は終了としたので、予定より1本早いバスに乗って茶臼山登山口に戻り、車で後生掛温泉へ。
車で標高の高い所まで行くと、やっぱり楽だな~。
昨日睡眠不足でいきなり標高差1400Mの岩手山に登ったけど、昨日を八幡平にすべきだった。順番間違えたな~。^^;

後生掛温泉、東北らしい風情のある温泉。湯もいい。特に泥湯が気に入った。

Sany0164_2 

|

« 岩手山 バックカントリースキー | トップページ | 岩木山 バックカントリースキー »

山スキー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八幡平 バックカントリースキー:

« 岩手山 バックカントリースキー | トップページ | 岩木山 バックカントリースキー »