« 2010年11月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年2月

前山 山スキー

三田原山で山スキーを楽しんだ翌日は前山へ。

赤倉のスキー場でゴンドラとリフト1本に乗り、スキー場トップへ。

ここから登り始める。昨晩で積雪30CMくらい。今日もタップリパウダースキーが楽しめそうである。\(^o^)/

だがその前に試練のラッセル。斜度が急になってくると苦労する。

Sany0072

何とか頑張って前山山頂到着。今冬一番の寒波襲来と天気予報は言っているけど、

ここは比較的風も弱く、割合ゆっくり準備できる。でも気温は氷点下10℃を下回っている。極上パウダーが楽しめそう。\(^o^)/

滑り始めは急斜面。深雪の中、スピードに乗ってパウダースキーを堪能できる。

Ws000002

驚いたのはボーダーの一団。ビンディングが付いておらず、ボードの上に乗っかるだけでサーフィンのように滑って行く。しかもかなり上手なライディング。見事なもんだった。

こちらは相変わらず雄叫びをあげながらのスキー。でもつい雄叫びを上げてしまうくらいの

好コンディションだった。

Ws000003

楽しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三田原山 山スキー

1月の連休時はまだ積雪が足りず、藪が埋まりきっていなかったので、結構滑りにくかった。

今回は心配いらず。積雪量はタップリ。(^u^)

第3高速リフト終点より登り始める。

ラッセルも雪が軽いので野谷の時よりちょっと楽。

Dsc00231

さあ、無木立の大斜面。雪の浅いとこ、深いとこが交互にあらわれて少々滑りにくいとこもあったけど、雪は軽いしまずまず快適に滑っていける。
林間の中はパウダー天国。この浮遊感、まさに雲の中を漂っているみたい。

Dscn2597
ただ先週の野谷荘司山ほど斜度がそこそこある斜面が続かないので、ある程度滑ると、

斜度が緩くなってきて、下りラッセルを強いられる。なんとか頑張ってスキー場に戻れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野谷荘司山 山スキー

パウダーがめっちゃ楽しめるという野谷荘司山。念願かなってやっと行けた。

凄い積雪量。道路横の雪壁が雪の大谷みたい。これは凄くパウダーが楽しめそう。(^-^)

Sany0002

だが、その前に試練のラッセルが待っている。

腰は当たり前、所々肩ラッセルをを強いられる。
板のトップを出すのが大変。無理に板を持ち上げようとすると、太ももの前がつりそうになる。案の定、今日は筋肉痛。

5人で交代でラッセルするも時間だけが過ぎていく。

13時を目途に行けるとこまで頑張ることに。

1350Mくらいで終了。6時間ラッセル頑張って700Mしか登れてない。

これだけの深雪では仕方ないか。。。
さあ、お待ちかねの滑降。風がないので、割合のんびりと準備できる。

おまけに天気も回復して周りの山や地形もよく見えるようになった。

Sany0039

藪が全て隠れたノートラックの白い斜面。斜度もそこそこあるので、深雪でもスピードに乗って思いっきり滑って行ける。
雪崩の危険もそれほどなさそうだったので、隣の沢を滑ることに。無木立の純白の斜面。藪に邪魔されることもなく、ほぼイメージ通りに滑って行ける。
時々顔面にスノーシャワーを浴びる。素晴らしい~。\(^o^)/

1

ラッセルが厳しくてあまり登れなかったので、滑降はあっと言う間に終了。

でも斜度がそこそこある斜面が続くので、スピードに乗ったパウダースキーが十分楽しめた。噂通り、素晴らしいパウダー天国だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良マラソン

奈良マラソン第一回大会に参加。

Dcf00002_2

ちょっと暑過ぎる気温だが、絶好の好天。

高橋尚子さんとせんとくんが手を振って見送ってくれる。

Dcf00004_2

近鉄奈良駅まで下って右折し、平城宮跡に。

Dcf00006_2

少し行った先でUターンして奈良公園に。この辺りはまだまだ元気。

Ws000006_2

ここから一路天理を目指して南下。しばらくフラットな道でまずまず快適に走れる。

高樋町からは登り。ここでヘバルかと思っていたが、それ程でもなく走り切れた。

腹減ったな~と思い始めた頃、うまい具合にパンとバナナの配給があり蘇れた。
折り返しはまだか、まだか~と思いながら走っていると、ぜんざいの配給。

椅子に座ってたっぷり頂く。(^^ゞ

さあ、後は帰るだけや~。

行きに登った坂の登り返し。行きと違ってめっちゃ急に感じる。
一気にペースダウン。歩くもんか、走り切るんじゃと言い聞かせて走り切った。

ぜんざいをたっぷり食べておいてよかった。(^^ゞ

徐々にペースが落ちてきた。太ももの付け根と裏側が痛くなってきた。顎があがってきた。

Ws000005

でもボランティアと沿道の人達の声援に力を貰う。
ボランティアの人達が数メートルおきに立って応援してくれる。

中にはハイタッチしてくれる人も。走り切れたのは、皆さんのおかげです。
ピンク色の服を着たボランティアの人達が延々と続いている。

Dcf00011_2

奈良公園まで帰ってきた。鹿が迎えてくれる。

Dcf00013

いよいよゴール。競技場がゴールっていうのは選手になったみたいでちょっと感動する。

Dcf00015

ゴール前でQちゃんが出迎えてくれてハイタッチ。\(^o^)/

Ws000012

楽しく走れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年5月 »