« 2011年5月 | トップページ

2011年6月

奥松島 大高森

東北に山スキーへ行った帰りに仙台と松島に立ち寄った。
津波で機械が壊されたので駐車場には無料で停められる。
例年GWなら駐車場に入るだけでかなり待たねばならないが、すっと停められる。

駐車率は8割くらい。

松島は松島湾に点在する島々が天然の防波堤になってくれたおかげで、
見た目にはそれ程大きな被害はうかがえない。
それでも軒先まで浸かったらしい。土産物屋も半分はシャッタが降りている。

でも松は残っている。松の木は津波に倒されることもなく、

また海水に浸かりながらも枯れずにしっかり立っている。

Sany0265 Sany0274

人も負けてはいられないと思った。

遊覧船に乗る。海が静かな時は素晴らしい眺め。

Sany0267

名所五大堂も難を逃れたみたいである。

Sany0257

復興支援の一助になればと思い、いつもより多目に土産を買った。

次に松島湾を一望できるという大高森へ向かった。

東松島市に入った途端、風景が一変する。
津波の恐ろしさ、破壊力を目の当たりにする。
柱と屋根だけの消防署。

Sany0197

郵便局も。

Sany0199

山肌がえぐられている。

Sany0246

まだ鉄筋造りの公共施設は柱は残っているが、木造造りの民家はペシャンコになっている。

目の当たりにして津波の破壊力を実感した。

奥松島へ通じる道路はアスファルトが剥ぎ取られ、砂道になっている。

Sany0240

だが、松は残っている。アスファルトをも剥ぎ取ってしまう津波に必死で耐えた姿がうかがえる。

両側に海水が残っているところがある。今も水没している建物が見える。

Sany0239

脱輪なんかしたら大変である。慎重に運転する。時々自衛隊の車両が通るので、車を端に寄せて道を譲る。この時も脱輪させないよう注意する。
ナイフリッジの通過以上に気を使った。

大高森、標高100Mほどの小高い丘。山頂には三角点があるので、山には変わりない。

Sany0202

10分程で登れる。緑がきれい。

Sany0204

ここから見る松島湾は絶景。
Sany0211
山でも海でも自然がほほ笑んでくれたときは、素晴らしい。

改めて自然の素晴らしさと怖さを実感した。
俺も松に負けずに頑張ろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ