旅行・地域

奥松島 大高森

東北に山スキーへ行った帰りに仙台と松島に立ち寄った。
津波で機械が壊されたので駐車場には無料で停められる。
例年GWなら駐車場に入るだけでかなり待たねばならないが、すっと停められる。

駐車率は8割くらい。

松島は松島湾に点在する島々が天然の防波堤になってくれたおかげで、
見た目にはそれ程大きな被害はうかがえない。
それでも軒先まで浸かったらしい。土産物屋も半分はシャッタが降りている。

でも松は残っている。松の木は津波に倒されることもなく、

また海水に浸かりながらも枯れずにしっかり立っている。

Sany0265 Sany0274

人も負けてはいられないと思った。

遊覧船に乗る。海が静かな時は素晴らしい眺め。

Sany0267

名所五大堂も難を逃れたみたいである。

Sany0257

復興支援の一助になればと思い、いつもより多目に土産を買った。

次に松島湾を一望できるという大高森へ向かった。

東松島市に入った途端、風景が一変する。
津波の恐ろしさ、破壊力を目の当たりにする。
柱と屋根だけの消防署。

Sany0197

郵便局も。

Sany0199

山肌がえぐられている。

Sany0246

まだ鉄筋造りの公共施設は柱は残っているが、木造造りの民家はペシャンコになっている。

目の当たりにして津波の破壊力を実感した。

奥松島へ通じる道路はアスファルトが剥ぎ取られ、砂道になっている。

Sany0240

だが、松は残っている。アスファルトをも剥ぎ取ってしまう津波に必死で耐えた姿がうかがえる。

両側に海水が残っているところがある。今も水没している建物が見える。

Sany0239

脱輪なんかしたら大変である。慎重に運転する。時々自衛隊の車両が通るので、車を端に寄せて道を譲る。この時も脱輪させないよう注意する。
ナイフリッジの通過以上に気を使った。

大高森、標高100Mほどの小高い丘。山頂には三角点があるので、山には変わりない。

Sany0202

10分程で登れる。緑がきれい。

Sany0204

ここから見る松島湾は絶景。
Sany0211
山でも海でも自然がほほ笑んでくれたときは、素晴らしい。

改めて自然の素晴らしさと怖さを実感した。
俺も松に負けずに頑張ろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弘前城 桜祭り

岩木山で山スキーを楽しんだ後、八甲田へ向かったが、途中弘前城で桜祭りをやっていた。

どんなものか見学、いや鑑賞に立ち寄った。

お濠の周囲の桜は葉桜になりつつあるが、場内の桜は満開状態。

Sany0291 Sany0308

Sany0294 Sany0296

300円払って天守閣へ。

天守閣自体は大したことないけど、本丸内の公園の桜は素晴らしい。

Sany0306 Sany0325

続いて桜のトンネルへ。こちらも見事。

Sany0338 Sany0348

日本一かどうかは分からないけど、確かに評判通りだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉川温泉

八幡平で山スキーを楽しんだ翌日は、玉川温泉へ。

ここの温泉、日本一酸性の強い温泉とのこと。どんなものか一度湯に浸かってみたかった。

近くで車中泊していると朝6時過ぎから車が次々とやって来る。
まだ外来はオープンしていないのに、なんでこんな早朝から?

自分も行ってみると、多くの人がござを持って出かけて行く。
岩のあちこちから蒸気が噴出している。岩自体が暖かい。
皆さん、思い思いの所にござを敷いて寝っころがっている。
なるほど、天然の岩盤浴か~。

Sany0184 Sany0193

困った。ござなんか持ってきてない。う~ん。
とりあえずシュラフカバーを敷いてその上で寝転ぶ。
ちょっと熱い。まあ我慢できないこともないので、しばし寝る。
全身ポカポカして気持ちいい~。ほんま天然の岩盤浴だ。

Sany0179 Sany0181

外来がオープンしたので、入浴。源泉50%の湯船にまず浸かる。キズのあるところに効く~。

次に源泉100%の湯船に浸かる。確かに強烈。かゆいところにメッチャ効く。

噂通りの温泉だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平城宮跡

平城遷都1300年祭が行われているので、行ってきた。

朱雀大路を北上するとまず朱雀門が出迎えてくれる。

Sany0001 Sany0003

門をくぐると何と近鉄奈良線が横切っている。踏切を渡ると南門が出迎えてくれる。
振り返ると、朱雀門の前を近鉄特急が通過している。ちょっと面白い光景。

Sany0052

そして南門をくぐると大極殿がそびえ建っている。

Sany0018

中に入る(無料で入れる)と、天皇の玉座である高御座が置かれている。

Sany0034

天井の四方には、北に玄武、東に青龍、南に朱雀、西に白虎が描かれている。しばし見とれる。

その後少しブラブラしていると衛士の交代シーンがあったので、見学する。

Sany0088

その後平城京歴史館に入ろうとするも、まず整理券を貰ってくれと言われる。何と2時間待ち。昼飯食ったり、土産を買ったりして時間をつぶす。
時間になったので行くと、しばらく並ばされる。ようやく入館と思いきや、入口で入館券を買わされる。
ここだけ入館料500円払わされる。ここでもまた並ばされる。
並んでる時に券を売れ!要領悪いな~と後ろのおっちゃんが怒っている。同感!!

中は大したことなかった。500円払ってかつあんなに待ってまでして
入館する程の価値はないと、個人的には思う。
ただ遣唐使船が復元されており、その船の甲板に上がれるので、子供は喜ぶかも。でもこの船で東シナ海を横断するなんて、俺は嫌だな~。(^^ゞ

Sany0119

大極殿がライトアップされるというので、見て帰ることに。
暗くなるまで奈良公園をブラブラ。
鹿に餌をやったりして時間をつぶし、暗くなってから再び平城宮に戻る。

闇に大極殿がライトアップされて浮かんでいる。きれいだった。

Sany0171 Sany0174 

| | コメント (0) | トラックバック (0)